神社 ✕ アート 

自然と神、人と宇宙が交わる空間には、摩訶不思議な伝説がある。
かつて民を神社へと誘い、未来へと導いた昔むかしの物語。 

いまふたたび、アートの光で伝説を照らす。


大磯高麗山芸術祭2018は、2日間のプログラムを終了いたしました。

たくさんのご来場ありがとうございました。

開催にあたり、ご協力いただきましたすべての皆様に、心より御礼申し上げます。


大磯高麗山芸術祭 2018

11月10日(土)11日(日)


PROGRAM


11/10 (sat)


午後5時から(8時30分消灯)

  • 竹あかり点灯
  • アート作品ライトアップ
  • 光のパフォーマンス(舞と音楽)
  • 高麗食堂(お母さんの手作りごはん)
  • 高来神社総代屋(芋煮や梅酒)
  • 高麗酒場(宮酒場/ラ・クエンタ)

11/11 (sun)


午前11時から(8時30分消灯)

  • 手しごと市(境内マルシェ)11時から

□ 秋の境内でお抹茶

□ まる庄屋さんのおむすび

□ 高山さんのアップルパイ

□ 進和学園さんのパン

□ 有機野菜直売

□ nezumi cafe さんのメキシコ雑貨

Henna salon Yuuさんのハーブ足湯・ヘッドスパ

□ ひとみさんのフェイス・ペインティング

□ 中戸川さんの飴細工(飴善)

□ 高来神社総代屋

□ 高麗食堂

□ 高麗酒場

  • 結琴ライブ ( 12時〜予定)
  • フルート体験ワークショップ(1時〜予定)
  • 高麗山ヒストリートレッキング(2時集合)
  • アート作品展示とライトアップ
  • 竹あかり(午後5時頃点灯)
  • 光のパフォーマンス(舞と音楽)午後6時〜
  • 夜の高麗食堂
  • 夜の高来神社総代屋
  • 夜の高麗酒場(ラ・クエンタ)


会場:高来神社(大磯町高麗2−9−47)

神奈中バス「花水」「化粧坂」バス停より徒歩5分

駐車場のご用意はありませんので、公共交通機関をご利用ください。

隣接する寺院への駐車や路上駐車をされますと、迷惑になりますので何卒ご理解ご協力をお願い申し上げます。


NEWS


芸術祭をつくろう

〜「秋の神社で竹あかりアートを作ろう!」大磯高麗山芸術祭ワークショップ~

終了しました

11月の芸術祭で参道を幻想的に照らす竹あかりを制作します。型紙を使って、波や花などの模様をつくるワークショップです。ランチタイムには、高麗の歴史や昔話のトークショーもあります。(昼食付き)

 

講師:高来神社 氏子総代会

日時:2018年10月28日(日)10:00~16:00(1日で1作品を完成させます。

場所:大磯生涯学習館(9月24日は高来神社境内)

対象:小学生~大人(小学生は保護者同伴)

参加費:1,500円(昼食代・保険代・材料費、税込み)




芸術祭をつくろう

〜「キラキラ鏡のアートを作ろう!」大磯高麗山芸術祭ワークショップ~

終了しました

ワークショップで製作した作品は芸術祭で展示します。

様々な形の立体物に小さな鏡を貼り付けミラーボールのように吊り下げ光を当てて反射させる鏡のオブジェを作ります。

芸術祭でアート作品として展示され、終了後は持ち帰れます。

 

講師:現代美術作家 石塚沙矢香

日時:2018年9月8日、24日 10:30~15:00(1日で1作品を完成させます。

場所:大磯生涯学習館(9月24日は高来神社境内)

対象:小学生~大人(小学三年生以下は保護者同伴)

参加費:2,500(保険代・材料費、税込み)


STARTING

むかしむかし、大磯に蛸江之丞(たこえのじょう)という漁師がおりました。ある日のこと、蛸江之丞が漁に出ると、海の中になにやら不思議な光を放つものを見つけました。やがて波間から、光り輝く一匹のタコが現れ船に引き揚げてみると、なんと!タコは⻩金の「千手観音」に姿を変えたのでした。蛸江之丞は、その千手観音を大切に持ち帰り、高麗山の高麗寺に奉納します。光るタコから姿を変えた千手観音は、高麗寺のご本尊として、多くの人々から崇められるようになりました。 そして、タコを見つけた場所は「照ヶ崎海岸」と呼ばれるようになり、今も大磯の名所となっています。

※高麗寺は明治の廃仏毀釈により高麗神社となり明治30年(1897)に高来神社と改称されました。